会社印鑑のメモ帳

会社印鑑の呼び方は会社によって種類があることに注意

企業で仕事をしていると、会社印鑑を様々な形で呼ぶことがあります。 その企業のローカルな呼び方もありますが、ある程度法則性があったりもするのです。 特に会社印鑑は、社判と呼ばれることが多くあるのと同じで、何を社印と呼ぶのか、実印と呼ぶのか呼ばないのか、いろいろとあったりします。 中には冗談めいたものまでありますが、実際に使われている呼び方を見てみると、その会社が重要視している会社印鑑が何なのかが見えてくるのです。
>> 続きを読む 会社印鑑の呼び方は会社によって種類があることに注意

個人事業では会社印鑑のような種類がなければいけないのか

【個人事業と会社印鑑】

起業する場合には、会社を登記しなければならず、必ず実印を作らなければいけません。 これを法務局に登記することができなければ、起業することができないからです。 しかし、法人格ではなく、個人事業主として仕事をすることもあるでしょう。 その中で、書類には判を押すことになりますので、どういった印鑑を持てばいいのかというのは悩むところになるのです。 会社印鑑とは違いますが、ある程度同じようなものを持つ必要があると考えましょう。
>> 続きを読む 会社印鑑の呼び方は会社によって種類があることに注意

起業時の出費を抑えるのであれば激安の会社印鑑も選択肢に

【できるだけ費用を抑えることができる激安会社印鑑】

会社印鑑を作ろうと思うと、かなりの出費になってしまうことがあります。 印鑑も印面が複雑になればなるほど、手間もかかるようになりますので金額も上がっていきます。 素材も金額に反映されやすい部分ですので、いいものを作ればそれなりにかかるのは当然なのです。 しかし、企業の時などはできるだけ費用を抑えたいこともあります。 そこで、激安の会社印鑑なども販売されていますので、そういったものを利用するのも一つの手となっているのです。
>> 続きを読む 起業時の出費を抑えるのであれば激安の会社印鑑も選択肢に

会社印鑑のなかで証明を必要とする実印と印鑑証明書

【実印の照明をするためには】

会社印鑑の中には、実印と呼ばれているものがあります。 個人の印鑑でも同じことですが、実印としての効力は印鑑証明書があって初めて証明されるものです。 つまり、印鑑自体が実印なのではなく、押された印影が登録されていることを証明することができるからこそ実印だといえるでしょう。 これは法人でも同じで、印鑑証明書を請求しておかなければ、実印であってもあまり強い効力を発揮することができなかったりするのです。
>> 続きを読む  会社印鑑のなかで証明を必要とする実印と印鑑証明書